ただいまサイトリニューアル中です

スクイジープラスについて

私たちの大切にしているココロ

はじめまして。スクイジープラスの藤沼です。
2017年5月、当時サラリーマンだった主人の会社が閉鎖したのを機に、夫婦で清掃業(屋号スクイジー)を開業しました。
開業当初よりたくさんのご縁に恵まれて、さまざまな現場でいろんな汚れの経験を積ませて頂きました。
主に空室清掃がメインでしたが、2019年夏頃より空室リフォーム(原状回復工事)のご依頼も頂けるようになりました。

一般的な清掃業は資格や認可などが不要なため、毎年たくさんの清掃業者が誕生しています。その陰で廃業する清掃業者が後を絶たないのも現実です。
誰でも参入できる業界ゆえに競争相手が多く清掃単価は下がる一方で、生き残るには「より安く」「より早く」「よりキレイ」を求められます。

清掃業は想像以上に体力を消耗します。40代で開業した私たちにとって「より早く」で勝負することは現実的ではありません。その分「よりキレイ」に意識を注いできました。

どんなに汚れた部屋であっても、そこを清掃した後に
「自分ならこのキッチンでご飯を作る気になるか?」
「自分ならこのお風呂で裸になれるか?」
「自分ならこの床で寝ることができるか?」
「自分が次の入居者だったら、この清掃で満足するか?」
「自分がこの部屋のオーナーだったら、この清掃で満足するか?」
そんなココロを大切にしながら現場作業をしてきました。

他の清掃業者より時間はかかります。作業効率も利益率も悪いかもしれません。
それでも。
清掃業で一番大切なのは「清掃したその場所を実際に使う人が気持ちいいこと」だと思うのです。

信念を持って作業していると、同じような考え方の仲間が増えていきます。
私たち夫婦にも、お互いに協力したり新しいことに挑戦できる仲間が増えました。清掃だけでなく内装工事・設備修繕交換など請け負える作業内容が少しずつ増えてきました。

これからも「入居者のために」「管理会社のために」「物件オーナーのために」、誠意を込めてお手伝いしていきたいと思っています。
自分のできることをプラスしていく。
同じ方向を向いていける仲間をプラスしていく。
誰かのために何とかしようと知恵を絞れる会社でありたいです。

そしていつの日か。
日本中が「誰かのために何とかしたい」と思って「行動できる」人たちでいっぱいにしたいです。

株式会社スクイジープラス
代表取締役 藤沼優美

会社概要